格闘技マニア横丁!記者ブログ

MENU

  

  FC2 Blog Ranking

トップ

CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
プロフェッショナル修斗~Kz FACTORY主催北沢タウンホール~
今日6人のシューターズがデビューした。
その選手の中で1人紹介-☆

wicky05.29.jpg【リングネーム】
ウィッキー聡生(あきよ)
【所属】シューティングジム横浜
【出身】日本/長崎
【身長】173cm
【体重】65Kg
【階級】ライト級
【生年月日】1983年8月8日(21歳)
【スタイル】サウスポー、オールラウンド・タイプ


【戦歴・段位】
★2004年4月11日【第4回東日本アマチュア修斗フレッシュマントーナメント】ライト級優勝
★2004年9月20日【第11回全日本アマチュア修斗選手権大会】ライト級3位 ※プロ昇格

今回第5試合に出場し2RTKO勝ちという衝撃デビューをした。
----------------以下X-SHOOTO速報より------------------------
▼第5試合 ウィッキー聡生 vs. 中村浩士
1R
いきなりウィッキーがハイキック。もろヒットして中村がダウン。
中村、立ちあがるとすぐに組みついてコーナーに詰める。ウィッキー、ロープをつかんでしまい、注意してブレイクで再開。
お互い打撃、中村もパンチを当てるが、ウィッキーのフックで中村再びダウン。
立ちあがって中村が組みついてスタンドでバックを奪う。コーナー。
中村、バックから強い膝を入れる。
バックのまま一瞬グランドになるも、ウィッキーが強引に立ちあがって向き直る。組んだ状態でコーナー。残り1分半。
中村、テイクダウンして上を奪う。が、ウィッキーが強引に立ちあがる。
中村がパンチを一発当ててから組みついてコーナーに詰める。中村、投げてテイクダウン、そのままマウントを奪うが、ウィッキーがガードに戻してすぐ立ちあがる。そのまま1R終了。

2R。
ウィッキー、独特な間合いからパンチを入れる。
中村、組みつくとすぐに足をかけてテイクダウン。ウィッキーのハーフから中村が上から強いパンチを顔面に当てる。数発強くヒット。
ウィッキーが立ちあがるところ、中村がバックをうかがうが、前に落とされる。中村、ガードから十字狙い。一瞬のびるがウィッキー脱出。両者スタンド。
中村、再び組みついてテイクダウン。バックをうばい、スリーパー狙い。ウィッキー脱出し上を奪う。
中村、下から立ちあがってスタンド。
中村がパンチで詰めるところ、両者激しくパンチが交錯。再びパンチを放つ中村だが、ウィッキーのカウンターフックが見事ヒットしてそのまま崩れ落ちる。レフェリーがすぐに試合を止めた。

○ウィッキー[2R3分57秒 TKO]*スタンドでのパンチでダウン後、レフェリーストップ
(19:57:31) 」
-------------------------------------------------------------
このウィッキー選手を今回紹介するのには大きな訳がある。
それは私を修斗ファンへ導いてくれた方の先輩である。。。という話を大会数日前にリークし注目していた。上の速報を見てもらっても興奮が伝わる人には伝わるだろうが、今大会のMVPと言っても過言ではない勝利-☆前売り券完売。そして満員の中での勝利。これで得るものは大きいだろう。シューティングジム横浜には世界王者マモル選手、同階級には昨年新人王MVPになったリオン武選手が所属し快進撃を続けている。それに続けとばかりに新人も続いた。優秀な先輩たちからたくさんの武器を吸収し更なる飛躍を期待したい。

あなたの投稿が修斗の輪を広げる!


北沢タウンホール全試合結果は続きをどうぞ   
↓↓↓
[READ MORE...]
スポンサーサイト
【2005/05/30 (Mon)】 ★修斗 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
シャオリン&プロフェッショナル修斗
shaolin_photo.5.27.jpg昨年末、川尻逹也選手に敗戦を喫するまで70kg以下世界最強と言われ、勝利の女神の気まぐれの多い修斗ウェルター級王者のベルトの長期保持を確実視されていたビトー“シャオリン”ヒベイロ
彼が虎視眈々と牙をといでいる。
そのシャオリンがイギリスで行われるCage Rage 12 ”The Real Deal”なるイベントに出場する。詳しくは「くまぺーじBLOG」参照して欲しい。

シャオリンの現状を「イリヤンさんの一人暮らしinブラジル」で発見☆今のシャオリンは77kgまで増量中。現時点Cage Rageでの契約は定かではないがおそらく70kg契約になると予想される。以前川尻選手も試合のない期間には10kg増しの80kgあたりまで増量したいと言っていたが、筋肉の鎧を纏った現役選手達が増量というのは、気を抜いてのことではないだろう。ウェイトを上げパワーを付けそのまま減量。これが理想なのではないだろうか!

話がそれたが、このイリヤンサンの文面でわかるのは明らかに二周りも大きいPRIDE GPで準々決勝まで駒を進めた中村和裕選手を手玉にとっているという事。このシャオリンの修斗での勇姿をまた見れるよう期待して待とう-☆

日本の修斗はというと、5月29日北沢タウンホールで行われるKz FACTORY主催プロフェッショナル修斗のチケットが完売した。この売り切れた日が曲者で先日の武士道其の七in有明コロシアムが行われた2日後の24日。川尻選手が武士道PVで「北沢、下北は僕を育ててくれた。」という言葉を残した。その言葉がファンを動かした要因のひとつになって今回のソールドアウトをうんだのであれば、早速現役王者が他のリングで参戦しての修斗アピールが生きた結果と言えるだろう-☆
この大会に今年の新人王MVPが出場しているかもしれない。今回クラスCから段階を得てプロとして初戦を迎える選手もいる。もしかしたら近い将来ベルトを巻いて前例のように他の団体でアピールする選手がいるかもしれない。そんな希望を与えた現役王者の武士道参戦。修斗の発展を希望し行動した事が今回にもつながっているなら、修斗にとっても先日の武士道は「成功した興行」といえるだろう-☆

全世界各地で修斗のプロライセンスを所持した選手達が生まれそして光を求め牙を磨ぎ熱い闘いを繰り広げている。みんなで修斗、シューター達を応援しよう-☆

北沢タウンホール主催 Kz FACTORY代表のコメント
「おかげさまで5.29北沢タウンホール大会のチケットは全て完売いたしました。
 尚、消防条例により当日券の販売はございません。あしからず御了承下さい。
K’z ファクトリー 代表 草柳和宏」   X-SHOOTO内記事より一部割愛m(__)m

5/29北沢タウンホール全カードは続きへどうぞ
   ↓↓↓



あなたの投稿が修斗の輪を広げる!

[READ MORE...]
【2005/05/28 (Sat)】 ★修斗 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
有明コロシアムでシューターが-☆
5.22sun in 有明コロシアム
PRIDE武士道其の七で多くの修斗ライセンスを保持する選手が活躍した。

世界ベルトその中で特別なのはこの世界王者のベルト。これは他の団体での実績、過去の経緯などは全く関係のなく強いものを順に倒してやっと到達し手にすることのできるいわば聖域のベルト。5.22武士道其の七にこのベルトを巻いた。そして巻いている選手が多数参戦して実力を奮った。

マッハ選手
最初に登場したシューターは第4代ミドル級王者のマッハ選手。無類の強さを誇った修斗王者君臨時とは一転し武士道参戦後は階級に悩まされ思ったように結果が出せなかった。しかし今回は一番最強時のベストウェイト76kgまで絞っての参戦。みごと力の差を見せ付けた。

ハンセン選手  ルミナ選手  朴選手

そして第6代ウェルター級世界王者ヨアキム・ハンセン選手が突然の武士道参戦を表明した。(左)挨拶冒頭「修斗のヨアキム・ハンセンです。・・・」修斗のT-シャツを着て武士道のリングに立った姿は凛々しかった!
観戦に訪れていた初代環太平洋ライト級王者ルミナ選手(中)
初代環太平洋ウェルター級王者朴選手(右)
ルミナ選手に愚問とわかりながらこの場ならと武士道へ参戦しないのですか?と質問してみた。案の定「お金だね!8億もらえるなら考えるよ」だってwやっぱりカリスマは芯が強いわ‐☆
修斗仕組み図 川尻選手

川尻選手現ウェルター級世界王者川尻達也選手。試合内容は当たり前の勝ちっぷりだったが、川尻選手には最初から感動させられっぱなしだった。まず、最初の選手紹介入場では黒の修斗ウェアを着込んで登場。修斗ロゴを指し修斗をアピール。そして試合後のマイクも「修斗ウェルター級王者の川尻達也です。」と挨拶。そしてこのリングもすばらしいが修斗のリングにも熱い闘いがあるので是非会場にも遊びに来てください。」と‐☆☆☆よく言った!よくぞ言ってくれた!って又感動ww青のグローブに修斗世界王者のベルト。いつもの場所とは違えどすごく輝いていた。
五味選手そしてメインイベントに登場した
第5代ウェルター級王者の五味選手
。あの荒波で勝ち残った男は本当に強い!今回は修斗選手が多数見守る中でのアピールもあったのか倒れてレフリーが止めているにもかかわらずパウンドの嵐。後味が悪くも感じたが、「ここが修斗とは違うとこ」といわんばかりに大暴れ。「ダウンがなく追えるルールは修斗経験者には楽勝だよ。」ともとれる凶暴ぶり。修斗の頂点を極めた者たちが新しい舞台でも輝いている。


【当記事内フォト:コマイク撮影】

この他、代々木修斗T-シャツを着たパルバー選手。
修斗ライセンス保持者三島選手も参戦。したフォトはつづきをどうぞ

あなたの投稿が修斗の輪を広げる!

[READ MORE...]
【2005/05/23 (Mon)】 ★観戦記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(4)
このページの先頭へ
ワールド フリースタイル ファイティング チャンピオンズシップ~修斗リターンズ~
World Freestyle Fighting Championships: Shooto Returns

MMA Fighting.comより

wff_march26.jpg「カナダ西部で最も有名なショーのうちの1つ」の興行を修斗とW.F.Fが提携!

UFCなんかの金網で活躍している選手も多数参加する!?してる!?みたいで、日本では今年の8/20横浜文体でリオン選手と無敗対決を制したアントニオ・カルバーリョが今回出場している。

地元のジム通しの闘い、更に修斗ライセンスを持っている選手通しを闘わせる模様。

選手層はかなり厚いみたいなんだよな~・・・かなり面白そうだけど、日本じゃマイナーすぎてオンエアはないな(苦笑)

ポスターがかっこいね(笑)-☆
【2005/05/18 (Wed)】 ★修斗 // TRACKBACK(0) // COMMENT(1)
このページの先頭へ
シュートボクセファイターよ!修斗のリングへ
イリヤンさんの抽選商品(イリヤンの1人暮らしinブラジル内フォト)
去る4月20日にブラジリアン SHOOTORSの現ライト級王者ペケーニョなどと親交のあるイリヤンさんのイリヤンの1人暮らしinブラジルで下記のサイン入りグッズをプレゼントをしていただけるというので、ものは試しとEの商品を応募してみた。

A シウバ・キャップ赤・フリー
B シウバ・Tシャツ・白・M
C シウバ・ノースリーブ・白・S           
D シウバ・ノースリーブ・白・M
E ニンジャ&ショーグン・ノースリーブ・白・L   
F ニンジャ&ショーグン・女性ノースリーブ・白・M

現在シュートボクセアカデミーは修斗のリングに上がっている選手はいないが現地ブラジルではペケーニョの活躍もあり修斗に注目が集まっていることは間違いない。昨年の修斗ブラジル大会にも現PRIDEミドル級王者ヴァンダレイ・シウバも訪れたほど-☆今後修斗ファンもシュートボクセ陣にも注目してみよう!

ここで紹介するほどだからじらさずに話を進めると、厳選なる抽選をイリヤンさんの愛犬JIMMYくんがお手伝いし、当BLOGが引き当てられ当選しました☆☆☆
とても貴重なものなので大事にしたいと思います。今度ペケーニョのサイングッツ抽選会があった時には大きく紹介したいと思います。

イリヤンさん、ありがとうございました。これからも貴重な情報を宜しく願い致します。健康面には気をつけてブラジル生活を送ってください。

あなたの投稿が修斗の輪を広げる!

【2005/05/18 (Wed)】 ★修斗 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
プロフェッショナル修斗~後楽園~
       ~試合間~5.5.4.5.jpg

一試合もこなさず修斗ライセンスを交付され破格の扱いでの紹介された井口摂選手。会場が拍手で迎えるも「俺はアウェーだから、Boo!だろ~!」と修斗への戦線布告ともとれる発言。久保山誉選手との次試合が発表された。

第4試合 グラップリングスペシャルマッチ
5.5.4.6.jpg

△佐藤ルミナ(Kz FACTORY)
規定により判定なしドロー
△中井祐樹(パレストラ)

第5試合 ウェルター級3回戦
5.5.4.7.jpg
×レイ・クーパー(米国/ジーザス・イズ・ロード)70.Kg
 2R1分14秒 TKO
○中蔵隆志(日本/シューティングジム大阪)70.0Kg
中蔵はばっちり大物獲りに成功し存在感をアピールした
5.5.4.8.jpg
       
カットによる負傷で
TKO負けになってしまった
        クーパー⇒
ショックの色は鮮血が物語る

第6試合 58Kg契約3回戦
5.5.4.9.jpg
○マモル(日本/シューティングジム横浜)56.6Kg
 1R1分36秒 TKO
×ストニー・デニス(米国/フォーシーズンズMMA)56.6Kg※左ハイキック

いつもより一回りでかいアフロで決めて快勝☆彡
上機嫌でトークも弾んでいた

5.5.4.10.jpg5.5.4.11.jpg
なんかリング下をちょろちょろしてる人いると思ったら!
いっ 井口だ。さっき修斗へ参戦表明した井口だ☆
5.5.4.12.jpg「おいコラぁ~ 俺が井口だ!覚えておけ!!!」
えっ!アフロ頭の王者つかまえて・・・
あなたの方が・・・w
バンタム級からも目が離せない☆5.5.4.13.jpg

第7試合 ライト級3回戦
5.5.4.14.jpg5.5.4.15.jpg

予想とは裏腹に、打撃勝負にでてしまった植松選手。いきなり開始早々メレンデスの強烈な右ストレートにダウン。その後ペースをつかむ事できずに、TKO負け。途中オモプラッタをスタンドで仕掛け見せ場を作ったが・・・
5.5.4.16.jpg
○ギルバート・メレンデス
(米国/シーザーグレイシーアカデミー)64.9Kg
 2R4分30秒 TKO
×植松直哉
(日本/クロスポイント吉祥寺)64.9Kg


第1~3試合結果は続きへどうぞ(フォト付)

あなたの投稿が修斗の輪を広げる!


[READ MORE...]
【2005/05/04 (Wed)】 ★観戦記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
4月30日 修斗ブラジル inクリチバ 試合結果
4月30日修斗ブラジルinクリチバ
Class A 試合結果
【-65kg】
○Marlon Sandro (Nova Uniao)
3R判定
×Fabricio Bicudo (Equipe1)
【-70kg】
○Cristiano Neguinho (Gracie Curitiba)
1R アームロック
×Ivonildo Cafu (Never Shake)
【-70kg】
○Josenildo Índio (Equipe 1)
3R判定
×Iranilson (BTT)
【-76kg】
○Paulo Bueno (Zenegym)
1R ギロチンチョーク
×Daniel Muralha (Shooto Brazil Dojo)
【-76kg】○Luiz Beicao (GBCT)
1R ストリックス一本勝ち
×Everaldo Sadan (Beto JJ Team)
【-83kg】
○Sandro Pereira (Pele Team)
1R TKO
×Carlos Soares (Vado-De la Riva)

ブラジル大会はクラスAでも実力のばらつきが目立つと言われている。それだけ格闘技に幼少期から慣れ親しむ国柄であり上に立つのが難しい戦場と言えるだろう。
その中でノヴァウニオンが自信を持って送り込む数ある選手の中で一人、今日はスポットを当ててみる。
sandoro.jpg
デビュー仕立ての相手しか倒していないが、現在MM連4連勝と今後覚えておきたい選手。マーロン・サンドロ。今回の大会クラスAではKO&一本が目立つ中判定勝ちだったが、実力は本物のようだ。過去の3戦はKO勝ちが一つに一本勝ち2つ。柔術を基盤にトレーニングを組み立てるノヴァウニオンに於いてKO勝ちをできるのは今後の闘いに非常に期待が持てるトータルコンプリートの片鱗が見える。今後注目して是非日本のリングにも上がった欲しい。


あなたの投稿が修斗の輪を広げる!


【2005/05/02 (Mon)】 ★修斗 // TRACKBACK(0) // COMMENT(6)
このページの先頭へ
修斗ブラジル大会
4/30ブラジル大会ポスター
一昨年末世界各地にランキング制定され初代王者が誕生している。そして、まだ王者が決定していない地区がある。アメリカ地区。
アメリカ王者は全米、カナダ全土、ブラジル全土というMMA激戦区から勝ち上がった者に栄冠が与えられる。そこで勝ち上がったものは世界王者に一番近い位置に位置づけられると言っても過言ではないだろう。そして4/30にブラジル大会がクリチバで開催される。


Class A 対戦カードは以下の通り
[-65kg]: Marlon Sandro (Nova Uniao) vs. Fabricio Bicudo (Equipe1)
[-70kg]: Cristiano Neguinho (Gracie Curitiba) vs. Ivonildo Cafu (Never Shake)
[-70kg]: Josenildo Índio (Equipe 1) vs. Iranilson (BTT)
[-76kg]: Paulo Bueno (Zenegym) vs. Daniel Muralha (Shooto Brazil Dojo)
[-76kg]: Luiz Beicao (GBCT) vs. Everaldo Sadan (Beto JJ Team)
[-83kg]: Sandro Pereira (Pele Team) vs. Carlos Soares (Vado-De la Riva)

今大会には出場していないが、今後きっと世界の舞台にに上がってくるであろうUSA大会では目玉になりそうな選手を今回はピックアップしてみる。

ヒースぺディゴ元々77kgから70kgのウェルターでその手腕を振るう。ヒース・ぺディゴ。バックボーンはボクシングだがその経歴は5戦5勝のしかもすべて1本勝ち。トリッキーな動きから積極的に飛びつき一本を狙う選手。恵まれた体格と若さで勝ち星を重ね日本に上陸して川尻選手に鍛えて欲しい選手の一人である。

         名前 ヒース・ぺディゴ
         所属 アメリカ/フリー
         年齢 1983年8月16日生 21歳



あなたの投稿が修斗の輪を広げる!


【2005/05/01 (Sun)】 ★修斗 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 格闘技マニア横丁!記者ブログ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。