格闘技マニア横丁!記者ブログ

MENU

  

  FC2 Blog Ranking

トップ

CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
UFC 64 ダブルチャンピオンズシップ
むっちゃカッコいいんですけど♪
UFC64 プロモーションビデオ

それより、ライト級のチャンピオンズシップが決まっていた。
前回WOWWOWオンエアではそんな事触れていなかったのに・・・

▼ライト級チャンピオンズシップ 5分5R 
ケニー・フロリアン
ショーン・シャーク
シャーク、経験実績共に有利だろうな~

岡見選手UFC第2戦参戦&弘中選手参戦決定!
[READ MORE...]
スポンサーサイト
【2006/09/30 (Sat)】 UFC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ボクシング 8回戦 in後楽園 亀田次男
亀田戦は多くの人間がナーバスになるな~
あの口調もあるのかもしれない。
そしてその慣れない口調にコメントが悪すぎるからだろう。

亀田はリング上で本当よくやってると思う。試合後はジャッジの判定だからそこへの文句は筋が違うような気がする。


[READ MORE...]
このページの先頭へ
修斗:パシフィコ横浜に4人目の現役王者、青木真也参戦決定
修斗/バンタム、ライト、ウェルターに続いてミドル級王者も参戦決定!

プロフェッショナル修斗公式戦
2006年10月14日(土) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
poster_l.jpg
▼74kg契約 3回戦
青木真也(世界ミドル級王者/日本/パラエストラ東京)
ジョージ・ソテロポロス(オーストラリア/PUREBRED大宮)

「生涯修斗」を掲げ、自分を試すべくPRIDE武士道参戦。
参戦した武士道十二では申し分のない結果を残し、王者として初戦に臨む凱旋試合が決定。

対戦相手のソテロポロスは7月21日にウェルター級で遠藤雄介選手と野対戦が決定していたが、試合直前に急性胃腸炎になり出場辞退。
そして今回が初修斗、MMA2戦目となるがいきなりの一階級上(今回は74kg契約試合だが)の王者との対戦が決定。

参考までに、ソテロポロスのファイトスタイルのベースは柔術。マチャド柔術を学び黒帯を取得している。

柔術を得意とする青木選手とは高度なグラップリング展開が予想できる試合となりそう。
「折れない気持ちの強さと、常にアグレッシブに動き、極めを狙いにいく姿勢にある。」とエンセン代表も期待を寄せる選手である。

X-SHOOTO



[READ MORE...]
【2006/09/26 (Tue)】 ★修斗 // TRACKBACK(0) // COMMENT(1)
このページの先頭へ
UFC63 マットヒューズVSBJ戦動画。海外からのアップ早すぎだろ!
UFC63 米時間9月23日
メインイベントは新旧パウンド・フォー・パウンド対決。
5分5R ウェルター級チャンピオンズシップ
マット・ヒューズvsBJペン
17:24

WOWWOWのオンエアを楽しみにして、軽くネット立ち。
日本時間25日の22時から・・・24時前にメインイベント。

試合後興奮もそのままに・・・PCオン。

昨日の時点でアップされてた。。。

どうぞ見てない方は楽しんでくださいな。。。
[READ MORE...]
【2006/09/26 (Tue)】 ★海外情報 // TRACKBACK(0) // COMMENT(1)
このページの先頭へ
近藤有己選手年末へ向け「1カ月1試合」宣言!
PRIDEの壁を打破するべく、パンクラスのエースが年末まで月1ペースで試合をし年末のイベント参戦まで駆け抜ける。 ソース

あれだけのベテランが試合を舐めているとは到底思えない。
ただ、自分に無理難題を課して、歯車が大きく狂ってしまった昨年。

エースとして、一国の王者として、冷静さを持って欲しいと思ってしまう今日この頃。

今はそんな事、思っていないだろうが、もしかしたら今年で燃え尽きるつもりなのだろうか・・・

少しギャンブル原理。パチンコ負けロードの原理に似ている気がする。

閉店時間が迫っている(年齢をまたひとつ重ねてしまう)、しかし少しでも取り返したいから更につぎ込む。。。(今勝ち星を重ねてアピールせねば)

何が言いたいか?ギャンブルロードは結果として良いことがないという事。だから今こそ冷静になって欲しい。
【2006/09/25 (Mon)】 ★PANCRASE // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
パンクラス、川村戦秘話ついにキマシタぁ!!
川村VSアカーシオ戦についてのバックステージ秘話!?ついにきました!!

これを見るとオファーの時点で関係者(ism勢)はどびっくりの話だったみたいです。

本当川村選手は良く魅せ!勝ちましたね-☆

結果が出た今読んでも「タオルを・・・」って所が、選手生命を掛けるほどの壮絶な一日を決意したんだろうなとすごい緊張感が伝わってきました。

選手はただただ命を掛けてがんばっているんですよね!
少し前、生意気なタイトルで、物言った事に心から反省します。。。。
【2006/09/24 (Sun)】 ★PANCRASE // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
UFC 63 対戦カードと見所!結果は25日の日本オンエア後に!
ufc_63.jpg


UFC63 PV←煽られて興奮しちゃいましょう☆

アメリカ時間では23日。
今年のペンVSサンピエール戦を見る限り、勝利予想はヒューズだけど、BJペンあの時より今のウェイトに完全に馴染んでトレーニングを積んだだろうから結果以上にすごい闘いが見れると思う。

今年の頭くらいまではパウンド・フォー・パウンドといったらBJペンって口にする人多かったほどだし!

その他PRIDEで一気に日本でも知名度を上げたジェンス・パルバーも再度タイトルへ向けてUFC再始動。ライト級も注目です。
[READ MORE...]
【2006/09/24 (Sun)】 ★海外情報 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
PRIDE ラスベガス大会追加カード う~ん。。。
PRIDEを見ている日本人からすると、なんとなく魅力の薄~いカードが続々追加している気がする。
アメリカ人はどうなんだろう?今更の選手を担ぎ出しているとは思わないのだろうか?やはりUFCの選手というだけで興奮なのだろうか?

実際、各所でビルボードを使い宣伝しているせいもあり、盛り上がっているようだが・・・カードというより参加する自国の選手が多ければそれでいいという発想は・・・人種の差だろうな~

ラスベガスという場所では見てみたいと思うのは間違いないが!!!

UFCを最後黒星でPRIDEに参戦したビクトー・べウフォート vs. 昨年のウェルター級王者ダン・ヘンダーソン戦が決定☆
【2006/09/23 (Sat)】 ★PRIDE // TRACKBACK(1) // COMMENT(3)
このページの先頭へ
MFC。噂話は嫌だが・・・写真が出ているんだから話題に・・・
mfc.png

今更の話題なのだろうか!?

MARSがGCMの手を離れて新興団体となったという事までは知っていたが・・・
MFCと提携しているという事。

そう・・・

[READ MORE...]
【2006/09/23 (Sat)】 ★海外情報 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
PRIDEウェルター級準決勝カード決定~デニス・カーン編~
「PRIDE 武士道 -其ノ十三-PRIDEウェルター級グランプリ2006 決勝戦」
11月5日(日) 神奈川・横浜アリーナ 開場15:00 開始:16時
【決定対戦カード】
▼PRIDEウェルター級グランプリ準決勝
三崎和雄(日本/GRABAKA)
パウロ・フィリオ(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)

▼PRIDEウェルター級グランプリ準決勝
郷野聡寛(日本/GRABAKA)
デニス・カーン(韓国/アメリカン・トップチーム)

デニス・カーンはドローを1試合挟んで18連勝中。そしてその勝ちのほとんどがKOか一本勝ち。今度も地味な試合は予想できない。
カーンめぐりをしてみては↓

[READ MORE...]
【2006/09/21 (Thu)】 ★PRIDE // TRACKBACK(2) // COMMENT(3)
このページの先頭へ
究極?「CHAOS MADMAX」開催。<参考動画>
究極の格闘技と名うった「CHAOS MADMAX」が11.3に開催。
詳細

なんでもありの究極格闘技と題して空手対ミャンマーラウェイ五番勝負だそうだが、、、この何でもありっていうのが食わせ物だと思えてしまう。もし空手家が街で喧嘩になったら?柔術家が喧嘩になったら?
喧嘩と一緒にするなと思うが、多少の制限を設けた「なんでもあり」
正直、極めた者通しで、練習と異なった内容になりそう。

稽古してきた空手家の正拳突きや上段回し蹴りなどが一番意味を成さないルールじゃないだろうか?

参考までに・・・

このページの先頭へ
『PRIDE.32 "THE REAL DEAL"』のルールについて・・・
1158662605.jpg


『PRIDE.32 "THE REAL DEAL"』
以前からアメリカ興行が囁かれ、中々実現しなかったPRIDE.
「金網のオクタゴン」という中でのMMAが定番の地で「リング」という興行を行うにあたりライセンスが下りなかったとの話。

そして、やはりルールについても大きく変更を余儀なくされた。
このルールでPRIDE戦士は各々持っている良さを出せるのだろうか?

--------------------PRIDEオフィシャルサイトより一部抜粋--------------------------

アメリカはアスレチックコミッションが認定したルールで行わなければならないため、PRIDEオフィシャルルールも今回に限り一部変更となる。ラウンド数は1R5分の3R制で、日本で行っている1R10分は採用されないことが決まった。榊原代表は「今後も協議を重ねて許可を頂くために動くが、今回は5分3Rでやります」とのこと。四点ポジションを始めとするグラウンドでの蹴り技も全面禁止となる。ネバダ州ではエルボー(ヒジ)の攻撃が認められるが、「カットが多くなるし、それも技術といえば技術だが、怪我を誘発するだけなので交渉中ではありますが、エルボーは禁止する方向」
------------------------------------------------------------------
[READ MORE...]
【2006/09/20 (Wed)】 ★PRIDE // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
金子賢が今度はHERO'Sへ
好きにしてください。
マジにがんばってください。

PRIDEからHERO'Sへ乗り換えた理由が友達にHERO'Sの選手の方が多かったというみたいだが・・・ソース

ただ、PRIDE男祭りに出場した時のセコンド陣には今後の動向への影響・迷惑が掛からないようにだけはして欲しい。

つ~か、10月9日に曙まだ出るのか......こんな言い方一生懸命トレーニングしている選手には失礼だけど、興行自体が安っぽくなっちゃうよ!


【2006/09/20 (Wed)】 ★HERO'S // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
UFCのPPV放送。
UFCのWOWWOW配信放送は元々当日放送じゃない。

しかもWOWWOWはスカパーへの加盟も検討中という事だが、現在は別加入をしなければならない。

そんな中G+(ジープラス)でプロレス格闘技としてWOWWOWとは違う部分を放送しているし、WOWWOWに加入していないスカパー視聴格闘技ファンにお薦めチャンネルである。

UFCに興味があったら是非このチャンネルもチェックしてみよう!
【2006/09/19 (Tue)】 ★視聴情報 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
修斗 パシフィコ大会。早くも怪我で欠場者。
今後のウェルター級戦線を熱くするであろう廣田選手が、練習中に右手第四中手骨を骨折した為欠場することになった模様。

その為、中蔵選手の対戦相手が環太平洋ランキング7位の天突頑丈選手(PUREBRED大宮)となった。

この時期、カード発表後、なろうと思ってトレーニングされている方はいらっしゃらないと思いますが、選手のみなさんにはくれぐれも怪我だけは気をつけていただきたいです。


[READ MORE...]
【2006/09/18 (Mon)】 ★修斗 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
修斗 公武堂興行 試合結果
速報 ALIVE社長の俺日記より

第5試合で世界ランカーに勝った赤木選手はクラスA決定!・・・のルールだったよな!?
メインの締めがばっちり決まったようです☆

プロフェッショナル修斗公式戦
公武堂MACS・プレゼンツ
「SHOOTO GIG CENTRAL Vol.10」
会場:名古屋・Zepp Nagoya

▼第6試合 メインイベント フェザー級 2回戦
○梅村 寛(日本/ALIVE小牧)
×アレックス・シェビントン(オーストラリア/エクストリーム)
1R TKO

▼第5試合 セミファイナル バンタム級 2回戦
×廣野剛康(日本/和術慧舟會GODS)
○赤木康洋(日本/ALIVE)
判定

▼第4試合 ウェルター級 2回戦
○梶田高裕(日本/GSB名古屋)
×三上洋祐(日本/総斗會三村道場)
KO

▼第3試合 ウェルター級 2回戦
×服部謙一(日本/ALIVE小牧)
○寿丸。(日本/秋本道場Jungle Junction)
判定

▼第2試合 フライ級 2回戦
○澤田健壱(日本/パラエストラ東京)
×吉田朋彦(日本/G-FREE)
判定

▼第1試合 2006年新人王決定トーナメント準決勝 バンタム級 2回戦
×坂元寛史(日本/NASCER DO SOL)
○森 卓也(日本/パラエストラ札幌)
【2006/09/18 (Mon)】 ★修斗 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
9月16日 PANCRASE 2006 BLOW TOUR試合結果。
パンクラス
「PANCRASE 2006 BLOW TOUR」

結果しかわからない。 ソース

川村選手勝利!

ただ、、、ただ新しいパンクラスのエース誕生な予感はする!!!

▼第9試合 ライトヘビー級 5分3R
○川村 亮(パンクラスism/06年度ネオブラッド・トーナメント・ライトヘビー級優勝・MVP)
×ダニエル・アカーシオ(ブラジル/シュート・ボクセ・アカデミー)
2R 2'40" KO (右フック)

ウェルター級の頂点を目指すカーロス・コンディットも勝利した模様。

[READ MORE...]
【2006/09/16 (Sat)】 ★PANCRASE // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
修斗ミドル級での知りたい事。
色々な興行、カード発表がされてます。
  

が!

最近む~~~~ちゃくちゃ気になる事が・・・ぶつぶつ。。。

K太郎選手の実力は?実際試合を見た事ない。でも結果は13勝無敗。
でも(でもでもうるさいな 苦笑)・・・相手の選手がMMA経験のほとんどない選手からの勝ち星が多いから。。。

それと、今年の新人王になるであろう奥野泰舗は今後ミドル級の台風の目になると睨んでいる。K太郎VS奥野戦は無敗対決で実現して欲しい。

↓全く関係ないけど・・・ミドル級繋がりという事で懐かし映像(test)

【2006/09/16 (Sat)】 ★修斗 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
11月26日SHOOTO GIG CENTRAL Vol.11に修斗の子参戦決定
alive90x90.gif

プロフェッショナル修斗公式戦
SHOOTO GIG CENTRAL Vol.11
hatsu1.jpg
日沖発選手・アマゾン選手ALIVEよりダブルメイン選手出陣!!!

熱すぎるんだけど・・・パシフィコに負けない興行間違いなし!!!


X-SHOOTO


【2006/09/16 (Sat)】 ★修斗 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
10/14 修斗 パシフィコ横浜大会でバンタム級頂上再戦
poster_l.jpg


この大会よだれでまくり(笑)

阿部マサトシ選手が王者マモルからの指名を「時期尚早」と断った。。。ことまでは知っていたが先読みできなかった。

まさか年内中に再戦するなんて!!!

追加カード
▼世界バンタム級チャンピオンシップ バンタム級 3回戦
マモル(シューティングジム横浜)
BJ(AACC)

マモル選手は防衛期限なんて関係ないんだなぁ。
[READ MORE...]
【2006/09/16 (Sat)】 ★修斗 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
YOU TUBE 動画使用について~気をつけようよ~
ものすごくメジャーなサイトになってしまったYOU TUBE

ミルコVSシウバ戦。見ようと思っても
「This video has been removed at the request of copyright owner Dream Stage Entertainment, Inc. because its content was used without permission 」

訳:その内容が許可なしで使われたので、このビデオは著作権者Dream Stage Entertainment社の依頼により取り外されました
だって!

これでPPV見れない人の今後の楽しみを取ってしまったんじゃないか?

TOU TUBEって一見無法地帯と思われがちだが、中身はきちんとしたサイト。それだけにこういう(使用法)のは非常に厳しいと聞いた事がある。

アップして、楽しみを作ってくれた人は本当ありがとう☆

マジに地上波がなくなった後のスカパーPPVオンエアでDSE関連の動画一斉削除されちゃってるよ!

これからは海外からのアップを期待するしかないのか!?
このページの先頭へ
9月17日 修斗「SHOOTO GIG CENTRAL Vol.10」
プロフェッショナル修斗公式戦
公武堂MACS・プレゼンツ
「SHOOTO GIG CENTRAL Vol.10」
会場:名古屋・Zepp Nagoya

セミで世界ランカー廣野VS赤木戦。

Bクラスからの下克上になるか!!
[READ MORE...]
【2006/09/13 (Wed)】 ★修斗 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
9月16日:パンクラスの魅力・注目どこって・・・
現在パンクラスを観るという事は、正直スカイAもサムライTVも加入していない現在見る機会がYOU TUBEくらいしかない。

と言って観たいと思う試合がないのも事実。
どうしたら観たくって観たくてしかたないと思えるのだろう?自問自答。

ここ最近見た話題。
坂口征二長男・征夫が格闘家デビューへ!

桜木、初代タイガーマスクの教えで覚醒だ!

それに野地選手が謝罪したから解雇ではなく、退団。
(正直、真相は知りたいが、どうでもいい発表)

そして最初の話題にあがった2選手の試合が5分2ラウンドって!!!

別に悪いとこ探しているわけじゃない。でもせめて興味のそそり方を変えて欲しい。

ただ、ism期待の川村選手のメインの相手にアカーシオをぶつけたのはいいと思った。も~し川村選手が快勝したら・・・パンクラス新エース誕生の序章になるんじゃないかな-☆
この試合は注目したい。
(この大会注目するのかしないのかどっちやねん)。。。(苦笑)

【2006/09/12 (Tue)】 ★PANCRASE // TRACKBACK(1) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
無差別級グランプリ2006 優勝はミルコ
9/10 PRIDE
「無差別級グランプリ2006 決勝戦」
会場: 埼玉・さいたまスーパーアリーナ

壮絶なKO劇。そして突然のタップ。

ミルコが60億分の1最強の称号を手にした。自らの誕生日。
無冠の帝王返上おめでとう!

シウバをきっちり追い込み、最後は伝家の宝刀左ハイ。
ジョシュをミドルキック&打撃で圧倒し、最後は強烈な左からのパウンドでタップを呼んだみごとなGP制覇。文句なしの優勝!

▼第9試合 無差別級GP 決勝
○ミルコ・クロコップ(第2試合の勝者)
×ジョシュ・バーネット(第3試合の勝者)
1R KO
[READ MORE...]
【2006/09/10 (Sun)】 ★PRIDE // TRACKBACK(0) // COMMENT(6)
このページの先頭へ
DOG-VII。しょっちゅう海外選手の減量ミスネタやってね?
D.O.G舐められてない?

以前もあった減量失敗事件!?

確か中原戦だった。今回はメーンの門馬選手と対戦するルイジ・フィオラバンティ。

6kgオーバー!6㎏って!当日はいったい何キロになってたんだ!
[READ MORE...]
【2006/09/10 (Sun)】 ★修斗 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
9/8 プロフェッショナル修斗試合結果 in 後楽園ホール
修斗の結果はここの続きを!

内容を問われる試合もあったようだが、結果だけをみたら順当に、今後への追い風に乗った選手が勝ったようだ。

そして、10月14日のパシフィコ横浜に世界ウェルター級王者の川尻選手が参戦を表明した模様

「強い相手とやらせて下さい」とリング上で力強くコメントをしたので、是非×「強い相手と組んで欲しい。

世界ウェルター級ランキング
1位 石田光洋(日本/T-BLOOD)
2位 ヨアキム・ハンセン(ノルウェー/チーム・スカンジナビア)
3位 ギルバート・メレンデス(アメリカ/シーザー・グレイシー・アカデミー)
4位 中蔵隆志(日本/シューティングジム大阪)
5位 レイ・クーパー(アメリカ/ジーザス・イズ・ロード・ジム)
6位 廣田瑞人(日本/GUTSMAN修斗道場)
7位 ジェシアス・カバウカンチ(アメリカ/アメリカン・トップ・チーム)
8位 ヤニ・ラックス(スウェーデン/チーム・スカンジナビア)
9位 ビトー・ヒベイロ(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
10位 朴 光哲(日本/KILLER BEE)

個人的にはハンセンよりメレンデスとの対戦を希望だな。メレンデスが無敗のうちに修斗ルールで戦って欲しい!
[READ MORE...]
【2006/09/08 (Fri)】 ★修斗 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
王者のあるべき姿はこうだ!
「王者のあるべき姿はこうだ!」と体を張って伝えている感じのマモル選手。
06年
3月24日 対 BJ
5月12日 対 井口 摂 DEVILOCK
9月 9日 対 エリカス・ススロヴァス
10月14日 対 X

それに「わかってます。」と無言の答えを出しているかのリオン選手。
2月17日 対 石川 真
5月12日 対 アントニオ・カルバーリョ
7月21日 対 コール・ミラー
10月14日 対 X

でもマモル選手の今月が2回戦だとしても、連続月参戦は「何か」への大きなメッセージが込められているとしか思えない。   
[READ MORE...]
【2006/09/08 (Fri)】 ★修斗 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
HERO’Sミドル・ライトヘビー級準決勝カード
サクはMRI検査の結果、脳に異常なしとの事。本当よかった。

これを期にHERO’Sはレフリーの向上を!

はじまっちゃって今更だが、もっときちんとスタッフを揃えてからスタートをしてくれ!


ライトヘビー級優勝はマヌーフ。
ミドル級決勝戦は宇野VSカルバン。優勝は・・・


「HERO’S 2006~ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント決勝戦~」

10月9日(月) 神奈川・横浜アリーナ 14時30分開場 16時開始(予定)

▼ライトヘビー級トーナメント準決勝
桜庭和志(日本/フリー)
秋山成勲(日本/フリー)

▼ライトヘビー級トーナメント準決勝
大山峻護(日本/フリー)
メルビン・マヌーフ(オランダ/ショータイム)

▼ミドル級トーナメント準決勝
宇野 薫(日本/和術慧舟會東京本部)
アイヴァン・メンジバー(カナダ/トリスター)

▼ミドル級トーナメント準決勝
J.Z.カルバン(ブラジル/アメリカン・トップチーム)
ハニ・ヤヒーラ(ブラジル/アタイジジュニア柔術)
【2006/09/07 (Thu)】 ★HERO'S // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
PRIDE 無差別級GP決勝カード順決定
ちょっと前まで「PRIDE最高、超~好き」と言っていた輩がPRIDEの存在、興行が行われている事を忘れている。

もうひとつ言うと、「PRIDE」の話題を出すと、場がしらけるようになった。

個人的には、こんな感じが好き。ワールドカップ前になるとサッカーを熱弁するなんちゃってを相手する事ほどつまらないものはない。
本当に好きな人間達とコミュニケーションを取りたいと思う今日この頃。

それはそうと、4日後に迫ったPRIDE無差別級GP決勝。

くしくもミルコは32歳の誕生日。錦を飾る事ができるのかそれとも・・・

予想は難しくて出来ないしすると普通にみれなくなるので希望を!
決勝はジョシュVSシウバを希望。
ジョシュが勝ち。そのまま年末ヒョードル戦へ
シウバはミドル級(ライトヘビー級)最強の称号を賭けチャック・リデル戦へ


9/10
PRIDE「無差別級グランプリ2006 決勝戦」
会場: 埼玉・さいたまスーパーアリーナ

▼第9試合 無差別級GP 決勝
第2試合の勝者
第3試合の勝者

▼第8試合 1R10分・2-3R5分
ヒカルド・アローナ(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー)

▼第7試合 1R10分・2-3R5分
マウリシオ・ショーグン(ブラジル/シュート・ボクセ・アカデミー)
ザ・スネーク(フランス/Team BOON!)

▼第6試合 1R10分・2-3R5分
中村和裕(日本/吉田道場)
中尾“KISS”芳広(日本/フリー)

▼第5試合 1R10分・2-3R5分
イ・テヒョン(韓国/Team Aegis)
ヒカルド・モラエス(ブラジル/ボクセタイ)

▼第4試合 リザーブマッチ
エメリヤーエンコ・アレキサンダー(ロシア/レッドデビル)
セルゲイ・ハリトーノフ(ロシア/ロシアン・トップチーム)

▼第3試合 準決勝
ミルコ・クロコップ(クロアチア/チーム・クロコップ)
ヴァンダレイ・シウバ(ブラジル/シュートボクセ・アカデミー/PRIDEミドル級王者)

▼第2試合 準決勝
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)
ジョシュ・バーネット(アメリカ/AMCパンクレイション/パンクラス無差別級王者)

▼第1試合 1R10分・2-3R5分
西島洋介(日本/高田道場)
エヴァンゲリスタ・サイボーグ(ブラジル/シュートボクセ・アカデミー)
【2006/09/06 (Wed)】 ★PRIDE // TRACKBACK(0) // COMMENT(3)
このページの先頭へ
ホジャーMMA初戦の相手
アブダビと柔術で輝かしい栄光を手にし、ついにホジャー・グレイシーがMMAに参戦。

そして対戦相手は以前から噂になっていたドン・フライに決定した模様。
バウレビより

参照記事をみてもらうとすこし慌しくなりそうな予感をさせる内容。

ホジャー初参戦はMFCという団体。この団体には日本でいうとちょっと前のホリエモンと村上ファウンドのようなネット富豪がスポンサーについている。これがケーブルTVも買収しての格闘技ビジネスに参戦となると、今後はUFCやPRIDEも巻き込んだ話題と発展しそうな予感。

ファンとしてはいずれどこのリングも関係なくどこのTV会社でもオンエアする。オリンピック的な感覚を臨む。

こんな時代の寵児がそんな手に手を取った興行にしてくれないだろうか・・・ないな...(汗)
【2006/09/05 (Tue)】 ★海外情報 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
K-1WORLD MAX 2006 世界王者対抗戦を見て
※まず最初に、今回鳴り物煽り映像で登場した宍戸選手。
彼はシュートボクシングではアンディーサワーより一回り軽い階級(3kgほど)で活躍している選手である。

打撃のみで世界を獲る。そして獲った。そんな者が更に「目を見張る進化」というのは今までほとんど感じた事はなかったが、このブアカーオは強烈。
今回、更に・・・もっと更に打撃に磨きを掛けてきた。カウンターの左フック一発でKO.フィニッシュ後の上から宍戸選手を見下ろす仁王立ちの姿は格の違いを見せ付けられた者にだけ許されるポーズ。
今のブアカーオは一枚も二枚も他の歴代世界王者達より抜きにでた存在である事は間違いない。

▼K-1ルール 3分3R延長1R
×宍戸大樹(日本/シーザージム)
○ブアカーオ・ポー.プラムック(タイ/ポー.プラムックジム)
1RKO
このページの先頭へ
9/10 無差別級GP決勝の・・・
ショーグンの相手。

怪我から復活を遂げるショーグンの相手。ちょっと気になったので!

こちら

「4連勝中で波に乗る☆・・・」と煽り映像では興奮をソソルだろうが、実際はショーグンのスパーリングパートナー程度の選手のようだ。

まぁ、11月にはPRIDEvsUFC対抗戦などと興味深々な興行が待っているだけに現ミドル級GP王者の復帰はそれのPRIDE側に一枚の厚みをつける。その為には実践とうワンクッションをおいての参戦はショーグンにとってもDSEにとってもその先良い話題となりそう。
【2006/09/03 (Sun)】 ★PRIDE // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 格闘技マニア横丁!記者ブログ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。